So-net無料ブログ作成

心の癖 [日常]

私は笑い声であれ、誰かを呼ぶ声であれ

「大きい声」が怖いんです。

それは男の人限定で。



もう消化したはずの恋愛で、今の私自身もその恋愛については何とも思っていないのですが、

「大きい声」というところにだけは敏感に反応してしまうんです。



その頃の彼はすぐに大きな声を出す人でした。

私は父も母も大きな声で怒る事はなく、「話し合う」「説き伏せる」

そんなしかられ方だったので最初はとても驚きました。

そして彼の口調が荒くなっていくたびに「恐怖」を感じていたんです。



そんな出会い系サイト完全無料を経て、自分なりに消化しているはずなのに・・・。

妙な部分だけ残ってしまったようでした。



「○○!」そう男友達から呼ばれたとき

ビクッと身を硬くしました。

男友達は不思議そうな顔をしていました。

私の過去を知らないその男友達は、不思議に思って当然でしょう。



「俺の言い方ってキツイの?」

その後、そう聞かれました。

私は過去のことを話しました。

すると

「心癖なのなか?そんな言葉が存在するか知らないけど」

と少し笑って言いました。



「心についてしまった癖」

確かにそうなのかもしれません。

「癖なら治せるね」

そんな事を言う彼に少し胸がキュンとしました。



私の過去を知ってから、彼は私に対して理解をしようとしてくれるようになりました。

それが自然と互いの恋愛感情を呼び起こさせました。

そして彼にだけは大きな声で名前を呼ばれても怖くなくなりました。
nice!(0) 

男性っち愚かいな生き物ばい [日常]

男性のおなごに明かしゅこつんなか男心っちゆうもんのいるたい。

これはおなごの引いてなおすけん、絶対に男性は言わんけんこつっち言うてよかろうもん

今日はそいばひも解いていきましょーたい。

男性な、世界中んおなごん1回ずつセックスばしたばいいっち思っちいるとよ。

男性の理性ちゃりも欲望ば先しゅる生き物だっちゆうもんな、有名だっちしてからも、しょこには好みっちゆうもんのあっけんっち思いますたい。

ばってんこん好み。

これはおなごの考えるほど、出会い系サイトでも男性はえらくそん守備範囲の広いもんやけど。

男性は恋愛感情のなくったっちセックスのしきるっちゆうもんん理由はこういった本音ん考えのあっけんがらなんよこれが。

男性っちゆうもんな、おなごば感知しゅるレーダーのごたるもんば脳内に備えていますたい。

まだセックスばしとらんおなごっちゆうもんな、そんレーダーにちゃり目立つ色で光っち見えとるんやけど。

どげんタイプんおなごばってんそんレーダーの反応してしもうた場合にな、セックスん対象っちしてからそんおなごば見てなおすこつになるけん。

男性のちゃく集団で、街ゆく人ばウォッチングし、いろいろっち行き交う人々ば値踏みし、けらけらっち笑っち盛り上のっちいる場合にな、こんレーダーん反応感度ば確かめとる場合のほっちんどなんよこれが。

男性っち愚かいな生き物ばいね。

やけんこしょむぞらしかっちも言えるけんの。
nice!(0) 

引き出物を準備する [日常]

結婚式にさっち必要なもんっちいえば、引き出物ばいね。

昨年日本における結婚ん成立な、約70万組にも登るたい。

なん気に結婚しきらんっちゆうこつの取りざたしんしゃっとぉ中で、こん数字は十がとな数字っち言えるけんはなかやろうか?

しゃて、話ば戻してから結婚式っち言えば、引き出物。

参列しとってくれる友人やお世話になりよった人々に祝福してからもらえるけんがら、そんお返しっちしてから引き出物ば用意し、出来れば喜んばってん?出会い大切らいたかあ〜もんやけどちゃね

二人ん名前っちハートのついたマグカップなんてもんばもろうても、家で使えなかし、処がとにもおおじょうするちゃなんて思われてなおすんのオチ。

しぇっかくん引き出物だけん、誰がらも喜んばってんらえるもんば選びたいもんやけどちゃね?

今日は人気度ん高い、もろうて喜ばれる引き出物ば紹介しようや。

まずな、カタログギフトやね。

これはいろいろな中がら、オレで欲しかもんばチョイスでくっことがら、貰った人間には喜ばれるちゃうやね。

人ん趣味っちゆうもんや欲しかもんっちゆうんな、しゃまざま。

そん時ん状況にちゃっちも欲しかもんっちゆうんは変わっちくるもんやけどちゃね?

だけん、カタログギフトは鉄板で喜ばれる引き出物っち言えるけん。

次に食品やアルコール類。

食べ物っちゆうんも無難なチョイスっち言えますたいね。

是非参考にしてみりくれんね。



メル友広場で結婚相手を探そう!


nice!(0) 

バランス感覚 [日常]

お年寄りが、自宅で転んで大けがをすることはよくあることのようです。
ですから、最近の住宅では、段差をなくしたバリアフリーの家が販売されていますよね。
でも、多少の段差がある家に住んでいても、転ばない人はたくさんいます。
つまり、どうして転ぶか、そこが問題なんですよね。
転ばないためには、足腰のバランス感覚が大事だそうです。
立って歩く、またぐ、昇る、降りるといった動作は、足腰のバランス感覚が必要です。
足腰が強いと、多少の段差も軽く移動することが出来るし、もし、何かに躓いても、すぐに体勢を立て直す事が出来ます。
でも、足腰が弱いと、段差に反応することが出来ず、転んでしまうのです。
転ぶ時も、反射神経が鈍っていると、咄嗟に手をつくことも出来ず、頭から転び、大きな怪我をすることもあります。
だから、怪我をしないためにもバランス感覚は必要なんですね。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。